着物の手入れと収納

着物を所有した時の大きなポイントになるのが手入れ方法と収納方法でしょう。これが正しく行われないと着物を長持ちさせることができなくなります。



サイトトップ > 着物の手入れの前に

スポンサードリンク

着物の手入れと収納

着物の手入れの前に


着物(和服)の手入れは確かに洋服と比べると面倒かもしれません。しかし、脱いだ後にちょっとした手入れをするだけでも随分長持ちしますし、これも習慣にしてしまえばそんなに面倒でもありません。


上手に着て、きちんと手入れをすれば、長持ちする上に、着込むほどに着心地がよくなるという長所も生きてきます。


まずは、着物を汚さない気遣い、工夫、注意が必要です。着物を着るときには、手足はもちろん、身体も十分きれいにしてから着るようにするのがまずは基本です。また、着る場所が汚れていたりしてもいけません。


着物で特に汚れやすいのは袖口、裾、衿ですが、最近では袖口と裾には防水加工や汚れ防止加工(パールトーンやスコッチガードなど)が着物自体にあらかじめ施されていることも多く、ある程度は安心ですが、衿汚れについては要注意となります。


特に男性で長髪の人は、髪の油分の汚れが衿に染みつかないよう注意してください。普段から着物を着ている人の場合は、長襦袢の衿など特にそうですが、長着の衿もかなり薄黒く汚れて、まるで煮しめたようになってしまうことがしばしばあります。


昔、衿に手拭いをかける人が多くいましたが、これは衿の汚れ防止だったわけです。外出時はちょっとできませんが、仕事や掃除を着物でする時には効果的でしょう。前掛けも同様に効果的です。


また、1枚の着物を毎日着るより、2、3枚を着回すようにした方が間違いなく長持ちします。


着物の手入れと収納